インフルエンザによる死亡例、その原因

毎年冬の時期になるとインフルエンザウイルスが大流行することがあります。
インフルエンザウイルスは人から人に移るので、感染しないように注意する必要があります。
特に、高齢者や小児の場合は、死亡する可能性がありますから、もし感染した場合はなるべく早く対処することが大事になってきます。
そこで、インフルエンザによる死亡例としては、多い例として、高齢者がインフルエンザから肺炎になり死亡するという例が多くなっています。
特に、高齢者の中でも、呼吸器や循環器、腎臓などに慢性疾患を持っている高齢者や糖尿病などの免疫疾患や代謝疾患がある人は注意が必要になってきます。
病院に入院中の高齢者は、特にこれらの疾患を抱えている人が多く、集団感染してしまうと、死亡につながる恐れがあるので、病院などではインフルエンザ対策が徹底されることになります。
小児については、インフルエンザ脳症により死亡する例があります。
これは、インフルエンザに感染した後に、急激に悪化する急性脳症です。
主な症状としては、意識障害、けいれん、異常行動などの症状が現れることがあります。
この急性脳症が重症化すると死亡してしまうこともありますが、死亡することはなかったとしても、脳に何らかの障害が残る恐れがあります。
例えば、知的障害やてんかん、神経症状などが残る可能性があります。
これらの症状を抑えるためには、とにかくインフルエンザに感染しないように徹底する必要があります。
中でも効果的なのは、やはり予防接種を受けるということです。
予防接種を受けることによって、100パーセント感染を防ぐことができるわけではありませんが、60パーセントの確率で感染を防ぐことができますし、仮に感染しても重症化を防ぐことができます。

■感染してからでは遅い!
インフルエンザを常に警戒する
■定番のお薬で確実に治そう!
リレンザの効果まとめ