毎シーズンインフルエンザにかかる人の特徴

インフルエンザは毎冬に流行して多くの人が苦しまされています。予防接種をして毎年万全の対策を立てる人もいれば、予防接種をしないのに全然かからない人もいます。一方で、毎シーズンインフルエンザにかかる人もいて、何か違いがあるのだろうかと疑問に思う人も多いでしょう。こういった分類をした場合にすべての人に共通するわけではなくても、ある程度は重なっている面がある特徴があります。毎シーズンインフルエンザにかかる人は感染源への接触頻度が高い社会的状況にあるにもかかわらず、その予防対策への意識が低かったり、不十分なことしか行っていないというのが共通する点です。インフルエンザは感染症であることから、感染している人からウイルスをもらわなければかかってしまうことがありません。毎日満員の通勤電車に乗っていたり、人が多く集まるオフィスや学校に通っていたり、お店のレジ担当のように短時間でも多くの人に接する仕事をしていたりすると、それだけウイルスに感染している人と近い距離を保つことが多くなります。そういった接触の機会は飛沫感染を受けるリスクを高めるものです。飛沫感染のリスクを下げるためにはマスクの着用や手洗いうがいの励行が重要であり、マスクをして仕事に向かい、気がついた時にこまめにうがいをすることが重要になります。マナーの上でマスクが着用しづらい営業の仕事であったりするとそれだけインフルエンザにかかりやすくなるでしょう。そういった仕事の都合上で感染源に接触しやすい状況にあるのが毎シーズンインフルエンザにかかる人の特徴です。マスクやうがいといった基本的な予防をするのが難しい状況であれば、予防接種をするのが良い解決策でしょう。