禁煙したら太るのか?

禁煙を始めようとしている人は、身体の良い方面での変化に対して期待をすることと同時に、太るのではないかという影響を心配して、禁煙に踏み切ることをためらっているという話も聞かれます。
確かに、禁煙を実行した人の体験などで多く聞かれるのが、タバコを吸わなくなった代わりに体重が増加したという話です。
禁煙と太ることは関係がありそうだと考える人が多いことも、このことが原因となっているように考えられます。

もちろん、過度に体重が増えてしまうと健康に関しては問題点があるものの、むしろ痩せ気味だった人が適正体重に近づくことは健康上理想的であるともいえます。
喫煙者で痩せ型だった人は、太るということについての心配はしなくても大丈夫であると考えて良いでしょう。

そもそも、なぜ禁煙を行うと身体が太るということに変化していくのでしょうか。
それにはいくつかの要因があるものと見られます。
その1つが味覚です。
タバコを吸わなくなると、数日間で味覚が正常に近い状態にまで回復するとされています。
つまり、食べ物が美味しく感じられるということで、それまで以上に食べすぎてしまうという状況になる場合があります。

もう1つは、常にタバコを吸っていた時間に口寂しくなり、アメをなめたりお菓子を食べたりするようになってしまい、結果的に摂取カロリーが増加してしまうというケースも考えられます。

また、禁煙を開始すると、それまでの習慣を大きく変えることとなりますので、身体はストレスを感じるようになってきます。
それと同時に長期間の喫煙で、ニコチンを摂取しないと気持ちがそわそわしたりイライラがこみ上げてきたりといった症状が現れることが珍しくありません。
喫煙ができないことによって引き起こされるそれらのストレスを解消するために、つい暴飲暴食というかたちでのストレス解消行為に走ってしまうという人も多いものです。

禁煙を行ったすべての人に見られる様子ではないものの、太ったという経験のある禁煙者はこれらのような原因となる行動をとっている可能性があります。

禁煙のイライラで暴飲暴食をする場合の対策

禁煙による体重増加で、最も急激に身体が変化してしまうのが、暴飲暴食です。
味覚が回復して食べ物を美味しく感じる状態であることも手伝って、喫煙していた時間を食べ物や飲み物を摂取するという行為に置き換わってしまい、健康状態を損なってしまうレベルにまで太るということであれば、禁煙による健康増進効果も意味のないこととなってしまいます。

そのために禁煙による体重増加が見られる傾向のある人には、ダイエットを意識しながら禁煙を続けられるような生活改善をしていくことがおすすめです。

今までと同じような生活を禁煙後も続けていれば、ダイエットの必要があるほどの体重増加にはならないものですが、イライラ解消による暴飲暴食で食事量が増えたり、喫煙していた時間に甘いお菓子を食べ続けていたりする新しい習慣がついてしまっている場合には、ストレスの解消を行うための別の手段を見つけることが重要です。
カロリーを摂取することではなく、軽い運動で気分をリフレッシュさせるという方法が手軽でおすすめです。
例えば禁煙による呼吸の楽さを実感するために軽いジョギングを始めてみたり、ゆっくりと時間をかけてストレッチを行うなども良いものです。
気分を変えることとカロリー消費を両立できる方法です。

甘いものを食べることをさけて、カロリーの低いガムをかんだり、ミネラルウォーターを飲んだりするというのも良いでしょう。
口が寂しいという状況も、これらの方法で補うことができストレスを低減させることができます。

最もイライラが発生しやすい、禁煙数日後から2週間目前後の期間を、上手くコントロールすることによって、さらにもう一歩健康な体に近づけるようになります。