日本だけじゃない!海外はどの程度禁煙に積極的?

日本では最近禁煙のムードがかなり高まってきていますが、これは海外を意識しているということが考えられます。
ではどれぐらい海外は禁煙に積極的なのかというと、日本では考えられないといってもいいぐらいに積極的に禁煙に取り組んでいます。

公共の場はまず禁煙が当然ですし、自動販売機でタバコが売られるのも海外からすると信じられないというような状況です。
自動販売機でタバコが買えるということは、誰もが買えるということになりますから、そんな状況は考えられないというのが今の海外の状況です。
買う場合にはしっかりと身元確認化が出来るところで買うというのが当たり前という感じです。

当然ホテルのようなところでは禁煙です。
ホテルの部屋も禁煙が当然ですから、日本の旅館などで部屋の中に灰皿があるというのはびっくりするような人もいます。

分煙という考えもありますが、基本的には禁煙でどうしようもないところだけは分煙という考え方が主流ということになるでしょう。
タバコそのものが禁止というところまではいきませんが、基本的にタバコはNGだというのが今の世界の常識です。
公共の場などではタバコなどを見るだけでも嫌悪感を感じるということが多くなっているといってもいいでしょう。

日本にいるとそうしたことをあまり感じませんが、オリンピックを迎えるにあたって、禁煙していないような国は評判が悪くなるということで、政府もかなりこの状況を憂いているところです。
そのため、分煙や禁煙の考え方を勧めていこうという運動も開始されています。
駅では灰皿なども撤去されて分煙どころか禁煙が当たり前という感じにもなってきました。
この改革はオリンピックがきっかけではありますが、世界的な流れで日本はその流れに取り残されていたようなものですから、これからどんどんとこの禁煙の流れは強くなっていくと考えられます。
特にオリンピックがありますから、それまでにはかなり強い流れとなるでしょう。

海外で全面禁煙の国はあるのか

海外で全面禁煙の国はあるのかというと先進国は基本的に全面禁煙と考えていいでしょう。
全面禁煙でないのは日本ぐらいです。
ただ、全面禁煙といってもその内容にはいろいろとあります。

特に全面禁煙を推し進めているのがオーストラリアです。
ここはタバコにはロゴやカッコイイデザインは禁止で、パッケージにはタバコの害を警告する記事と写真が掲載されることが義務付けられています。
こんな危なさそうなものを買う人はいなくなるというようなものとなっているので、ここまでいくと実質的な売買禁止政策のようなものともなっています。
食品などでは産地表示や消費期限などの表示がありますが、タバコを売る時にはその健康被害もしっかりと明記して販売しなければならないというわけです。

当然タバコは売れなくなっています。
また、タバコ自体も高額な税金がかけられているので、普通の庶民感覚で買えるようなものとはならないものともなりました。
日本でいうところの200円ぐらいのタバコが1600円ぐらいするようです。
日本の約8倍ぐらいの値段ですから、これを買う人はなかなか勇気がいるでしょう。

EU諸国も禁煙に対しては積極的です。
こうした国は公共の場ではまず禁煙なのは当然として、高い税金をかけてタバコを買わないようにしているのも特徴的です。
そのためかなりタバコは高くなっていて、ノルウェーでは1300円ぐらいするようなものともなっています。
オーストラリアの1600円には及びませんが、それに準じるぐらいのものとなっているのです。
値段的に高くすることで、喫煙者を出来るだけ少なくしようとする意図があると考えられます。
途上国でもこの動きにならうところが増えてきているので、禁煙は世界的な流れといってもいいでしょう。