チャンピックスを服用できないケース

吐き気で苦しむ女性 チャンピックスは優れた禁煙補助剤です。様々な禁煙グッズがありますが、タバコそのものを嫌いになるようなグッズは他にはありません。その為チャンピックスで禁煙をした方は多いはずです。ただしチャンピックスは様々な症状あることも知られています。吐き気が有ったり頭痛がしたり、便秘やお腹のはり、普段と違う夢をみたり、酷い時は意識がなくなりそうになったりすることもあります。しかしこの症状は薬を飲んだ人がすべて同じ症状を起こすわけではなく個人差があります。飲む前に注意をしなければならないこととしては車の運転があります。薬を飲んで運転中に意識がなくなって運転ができなくなるようなケースもあります。

その症状にはうつ病などの精神疾患があったり、以前に服用して発疹などのアレルギーが出たことがある方、腎臓病の方や現在治療をしている方は服用を抑えた方がよいでしょう。またお腹の中に胎児が入る妊娠中の妊婦や授乳中の方など特に胎児や妊婦にも薬を飲むだけで悪い影響があり服用をしない方がよいとされています。特に精神疾患の方は自殺を起こしかねない状態に陥り可能性がある為服用をしない方がよいとされています。

チャンピックスは他の薬を併用することは原則できません。薬が強く悪い症状があらわれるおそれがあるからです。薬を併用するような場合は主治医相談することが重要です。また海外では意識障害、うつ、焦燥感、衝動的行動などそういった症例が報告されています。精神的な不調を訴える方も多く、禁煙のための禁断症状が起きているかもしれませんが、すこしでもこのような精神的な兆候が感じられたら医師と相談することが重要です。

チャンピックスを服用すると薬の影響は結構大きく服用の仕方を間違えると強い複写用が起こる可能性があります。最初に3日間は一日0.5mg1錠3~7日目までは朝夕食後に0.5mg各1錠8日以降は1mg朝夕食後に各1錠飲むことになっています。この飲み方を間違えたりすると気分が悪くなったりすることが有りますので必ず守らなければなりません。

統合失調症の場合は服用しない方がいい?

チャンピックスを服用を避けなければならない方は腎臓病の方や妊娠中な方、そして特に精神障害の統合失調症の患者さんは注意が必要です。統合失調症とは幻覚やテレビで自分のことが話題になっているずっと監視されているような、あたりに誰もいないのに命令や悪口が聞こえるような妄想などと言った精神疾患です。人と交流しながら家庭や社会で生活を営む機能が障害を受け、感覚・思想・行動が病気の為に歪んでいる自分で振り返って考えることが難しくなりやすい特徴のある症状があります。

チャンピックスを服用して車を運転中に意識がもうろうとして運転ができなったり、統合失調症のような症状がある方は自殺行為を起こしかねない症状に陥る可能性もあります。チャンピックスはうつ病がひどくなったり頭の中がもやもやして発狂しそうになったり精神疾患を助長したりする特徴があります。精神疾患の方がどうしてもタバコを止めたいと先生に相談したところ、精神病の薬とチャンピックを併用しないで一時的精神疾患の薬を飲むのを止めてチャンピックを服用して禁煙に成功したような事例もあり精神疾患の薬とチャンピックスの併用は症状が重くいなる可能性がある為厳禁とのことです。

チャンピックスは禁煙を目指す人にとっては保険対応も可能で、服用にする薬の量など間違えなければ禁煙成功率は非常に高く、他の市販している禁煙グッズと比較して効果は絶大で今まで何回も禁煙にチャレンジしてきた方もタバコそのものを嫌いになる他に例がない効果を発揮します。効果が強い為逆に不調を訴える方も多く、特に服用してはいけない症状の統合失調症などの精神障害の方は服用を避けるか精神障害の薬を一時中止して服用するか指示医と相談すべきです。