チャンピックスでも禁煙のイライラが出ることはある

チャンピックスは禁煙をする時使用します。煙草を吸うと脳にあるニコチン受容体と言う部分にニコチンが結合して、快感を生じさせる物質を放出させます。チャンピックスはこの受容体を結合することでニコチンの場合より少量の快感を生じさせる物質を放出させてイライラなどのニコチンの切れた時の症状を軽減してくれます。ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して途中で挫折して、一服した時の美味しいと言った満足感を感じにくくすることによって禁煙を助ける薬です。

またチャンピックスはどこで手に入るかは他の禁煙の薬と比較して効き目が高く医薬品専門の通販やでお医者さんで処方してくれます。特に健康保険が利用できますので費用も安くお医者さんの診察を受けることで禁煙を達しする確率が高くなります。個人で禁煙を行っても途中で挫折する人が多く、一度吸ってしまえば煙草の美味しさに負けて禁煙を諦めてしまうかもしれません。チャンピックスは煙草の味を忘れさせてくれる薬です。

そして健康保険を使えばチャンピックスを処方してくれます。自己負担が3割の方は使用する薬にもよりますが約3ヶ月に治療スケジュールで1万3000円~2000円程度です。仮に煙草を一日1箱すっている人は8~12週分のタバコ代金と健康保険等を使った禁煙費用を比べて見ましょう。かなりの差額が出ることが理解できます。当然禁煙を考えている方が多いはずですが、禁煙を試みてもお酒を飲んだりコーヒーを飲んでしまうとタバコが無性に吸いたくなり吸ってしまいます。チャンピックス以外の他の薬で同じことを何度も繰り返している人が非常に多いはずです。

しかしチャンピックスを使用するとタバコを止めている時のイライラを軽減して、再度吸ってしまっても美味しく感じないようにしてくれます。禁煙している時のストレスを解消して体をニコチンから解放してくれるはずです。チャンピックスを飲み続けることによってタバコの常習性がなくなり隣でタバコを吸っていても全く吸いたいと思わなくなります。ここまで行けば禁煙は成功です。

小さな目標をクリアしたら時々ご褒美を

喫煙は体に一つも良いことはありません。中にはストレス解消になると言う人もいますが、実際はたばくを吸うことが癖になっている場合が多く、体には大変悪影響を及ぼしています。タバコを止めた直後から家族は自動喫煙を受けるリスクがなくなります。衣服や部屋にタバコの臭いがつかなくなり、周囲で不快を感じることがなくなるでしょう。

タバコを止めた数日後には味覚や臭覚が敏感になり、食べ物がおいしく感じるようになります。目ざめがさわやかになり、肌の調子も良くなり口臭がなくなるなど日常生活の中で効果を実感できるはずです。禁煙を1ヵ月続けることができれば、スポーツを行っても息がきれなくなり咳タンなどの呼吸器官が改善して禁煙期間が2~4年もすれば、狭心症や心筋梗塞などの心臓病のリスクがタバコを吸ってる人と比べて著しく低下します。

そして禁煙をして10年経過すると癌のリスクも低下して、10~15年経つと咽頭がんリスクがタバコを吸っている人と比較して60%も低下します。さらに10~19年経つと肺がんのリスクがタバコを吸う人と比較して70%低下し、20年経つと経つとタバコを吸わない人と同じレベルになります。そして体調がよくなり物事の考え方も異なり嗜好品も変化し、今まであまりやっていなかったスポーツも行うようになり趣味も変わってくるかもしれません。

嗜好品も変わり健康的な生活を取り戻すことができるようになります。今まであまり興味がなかった趣味にも集中できるようになり、すべて禁煙をした成果として現れてきます。チャンピックスは禁煙用の他の薬と比較して効果が大きく異なり、健康保険も利用でき禁煙成功率も高くタバコの味を忘れさせて、イライラを軽減できたことが成功に繋がったはずです。