チャンピックスでも禁煙できない時は?

健康のために禁煙をしようという人が増えてきています。
自力で辞めようと思っても、なかなか辞められないものです。
それほど、タバコの依存性は強いのです。

最近病院で禁煙を支援する動きが増えてきており、テレビでも話題になってきていますが、どのようなことをするのかといいますと、チャンピックスという飲み薬を処方してもらいます。
このチャンピックスを服用すると、脳にタバコが吸いたくなくなるという信号を送り、タバコが吸わなくなるというものですが、絶対タバコがやめられるというわけではありません。
チャンピックスだけではなかなかタバコを辞められないという人もいます。
それでも成功する人は、強い意思で辞めようとしています。

だからといって、失敗を恐れず、あきらめない精神が必要になるのです。
チャンピックスは脳に作用しますので、だるくなったり気分が悪くなったり、さらには悪夢を見るという人もいます。
それで失敗してしまう人もいます。

自分や家族の健康のために、薬だけでなくやタバコを辞めるという強い意志が成功をもたらします。
あくまでも、チャンピックスは禁煙を補助するのが目的です。
チャンピックスと禁煙したいという強い気持ちのほかに、タバコを吸いたい気持ちを紛らわせるもの、たとえばアメやガムを含んでみたり、趣味に没頭したりするなど気分転換をして、吸いたい気持ちを抑えることが、禁煙への道となります。

最近では、火を使わず煙のでないタバコが人気ですので、タバコを減らす、辞めるという意味で乗り換える人も増えてきています。
チャンピックスは保険適用の飲み薬ですので、少しでもタバコを辞めたい、禁煙したいという気持ちがありましたら、お医者さんに相談してみてください。

お医者さんも禁煙のためにさまざまなアドバイスをしてくれます。
自分ひとりだけが苦しい思いをしているという不安な気持ちを少しでも解消してくれます。
失敗をおそれず、病院に足を運んでみてはいかがでしょうか。

禁煙外来で相談する喫煙者の割合

テレビで禁煙を相談できる病院があることを紹介されてから、年々病院で禁煙の相談をする人は増えてきています。
相談する人の割合は病院によってさまざまですが、健康のことや経済的なことから禁煙しようという人は増えてきており、テレビで紹介されたのをきっかけに病院にいってみようという人や、実際に病院に行って禁煙成功した人からの口コミで増えているのです。

風邪などで病院に行き、待合室に禁煙のポスターが貼ってあるのを見て興味を示したり、他の病気の診察でお医者さんから禁煙をすすめられる人もいるようです。
また、病院で禁煙しようという場合、保険が適用されます。
それも禁煙で相談しようという人が増えている理由のひとつです。

お医者さんによると、病院でチャンピックスを処方して禁煙に成功した人の割合は約半数だといいます。
成功理由として、薬だけでなく、禁煙したいという強い意思が必要だとのことです。
成功のためなら、お医者さんはきちんと相談に乗ってくれますし、的確なアドバイスもしてくれます。

自分ひとりだけでは孤独で成功するかもわからない状態ですが、相談できる専門家がいるというだけで気持ちは大分違うはずです。
ちなみにですが、失敗するおそれからチャンピックスと同時にほかの禁煙アイテム(パッチなど)を併用するのは厳禁です。
せっかくのチャンピックスの効果がなくなってしまいます。

それについてはお医者さんからもかなり厳重に言われますので、気をつけてください。
チャンピックスを服用していてもタバコが吸いたい場合については、お医者さんが的確にアドバイスしてくれますし、気持ちを紛らわせる趣味などがあれば効果的です。
あきらめずに禁煙をがんばりましょう。