タバコはどこまで値上がりしていくのか

最近はタバコの値上がりに歯止めがかからないような感じにもなってきています。
どこまで値上がりするのかというと、明確には分からないということにはなります。
海外では日本では200円ぐらいのタバコが1,600円ぐらいになっているようなところもあります。

タバコは税金がとりやすいということがありますから、その上限はないといってもいいでしょう。
しかも世界的にタバコの害が叫ばれるようになっていて、健康被害も明確にあることが科学的に実証されているので、この禁煙の流れを止めることは出来ないでしょう。
むしろさらに加速することも考えられます。
タバコを吸う人にとっては肩身狭い世の中になっていくとことは間違いなさそうです。

ただ、日本は世界とは少し状況が違います。
というのは、もともとタバコは専売制度をとっていて、いわば政府が主導してタバコを売っていたという経緯があるからです。
今は既に民営化されていますが、その影響は大きなものがあったといってもいいでしょう。
そんな健康被害があるようなものを売っていたのかという批判が出てくることもありますし、政府主導でお金儲けをしているのかという批判も出てくることになる可能性もあります。
また、利権が絡んでいる人も多いということもあります。
税金を上げれば当然タバコ吸う人も少なくなるわけですが、この利権が絡んでいる人も多いので、なかなか日本では世界の流れほどには禁煙の動きは出ていないということになっています。

それでもこれからオリンピックを迎えるにあたって、あまりにも世界の潮流から遅れているので、この遅れをなんとかしようとして、さまざまな対策が考えられているようにもなっています。
値上げも一つの方法となるのでしょうが、あまり値上げについては、たて続いての値上げですから、慎重論もでるようになっているので、これから先それほど大きな値上げにはならない可能性もあります。
ただ、税金がとりやすいことは間違いないので、まずタバコが税収アップのターゲットとなる可能性は高いと考えてもいいでしょう。

値段が安いタバコに切り替えて喫煙を続ける人もいる

タバコを吸う人にとってはどんどんと肩身狭い世の中となっていますが、安い値段のものにして、喫煙を続ける人もいます。
安い値段のタバコというと、わかばエコーなどが代表的なところです。
これまではマイルドセブンなどを好んで吸っていたような人も最近は、わかばやエコーに変えたという人も出てきています。
価格にして100円ぐらい違うのでこれはかなり違うといってもいいでしょう。
いずれにしてもタバコの値段が喫煙者にとっては大きな負担になるということは間違いありません。
これから先タバコは嗜好品のようになっていくこともかんがえられます。
体にいい悪いという前に高くてなかなか手が届かないということになることもあるかもしれません。

ただ、日本はJTの力はかなり強いものがあります。
世界的にタバコがどんどんと悪者扱いされていくなかで、日本ではそれほど悪者扱いをされていないのは、その影響もあると考えられます。
税金によってかなり高くはなっていますが、吸いたい人にとってはなんとしてでも吸いたいものでもあります。
しかも、昔の人はタバコの害というものについてほとんど知ることなく吸ってきました。
日常的に吸っていて、タバコを吸うことがカッコいいともいわれた時代もあるのです。

そうした人たちにとっては、急に害があるから止めろと言われても困るということもあるのでしょう。
自分の体のことを他人にとやかく言われたくないという気がすることも分かります。
タバコに対するあこがれがあったような人たちにとっては、ある意味ではタバコは夢でもあり、ステータスであったかもしれないのです。
急にだめですといわれると、過去の自分についても否定されたような感じにもなるのかもしれません。