インフルエンザ対策に感染源の回避と医薬品による治療

毎年流行して多くの人を脅かすインフルエンザはウイルスに対する感染症です。そのため、感染源に近づかなければ基本的には感染することもないと考えて問題はないでしょう。感染経路として知られているのが飛沫感染、空気感染、接触感染であり、飛沫感染が流行を引き起こしている最も大きな原因であるとされています。インフルエンザ患者の咳やくしゃみに含まれているウイルスを吸い込むことによって感染するというのが飛沫感染です。空気感染は空気中を漂うウイルスを吸い込むことによって感染が起こるものであり、接触感染では飛沫が付着したものに触れた手指を介して口や目などから体内にウイルスの侵入を許してしまうものです。そのため、感染を受けないためには感染源となるウイルスの保持者に近づかないというのが基本的な考えになります。引きこもりになれば大丈夫というのも一つの考え方ではありますが、社会生活を行っていくことが必要な現代社会においてはそれも難しいものです。インフルエンザにかからないための予防策として感染源への接触を避けることは重要であるものの、それだけでは予防が難しいということは理解が必要です。現代ではもしインフルエンザにかかってしまっても医薬品による治療が可能です。医療用医薬品となるため医師の処方箋が必要になりますが、インフルエンザにかかってしまった場合には保険適用で使用することができるので躊躇せず医薬品による治療を行って治すと良いでしょう。特に小児や高齢者では合併症を伴うことも多いため、できるだけ短時間で回復するということは重要になります。そういった観点から医薬品を用いて治療を早めるという観点は欠いてはならないものなのです。