インフルエンザの熱は微熱程度の場合もある

熱があれば病院に行って薬をもらったり治療をしていくようになりますが、その熱が微熱程度だった場合には、病院に行かずにしばらく様子を見るという人もいるでしょう。
微熱であれば、少し体がしんどい程度で終わったり、食欲もある場合がありますので、仕事も休まずに様子を見る人も多いのです。
仕事が休めない人の場合は、自力でなんとか治そうと頑張ってしまう事でしょう。
しかしインフルエンザの流行時期には、微熱程度の熱だったとしても注意しなくてはならないのです。
インフルエンザと言えば、38度以上の高熱というイメージを持っている人も多いですが、必ずしも38度以上の高熱が出るとは限りません。
インフルエンザの予防接種を打っていることによって、高熱が出ずに微熱程度ですむこともあるのです。
そうなると、ただの風邪だと思って病院に行かずにいることによって、知らず知らずのうちに周囲の人たちに感染させてしまう事があります。
インフルエンザの予防接種をしている人は、流行時期に体調をこわしたり熱が出た場合には、インフルエンザを疑うようにした方がいいでしょう。
自分では大丈夫だと思っていたとしても、実際にはインフルエンザに感染している可能性は否定できません。
病院に行って検査をすれば、感染しているかどうかを確認することが出来ますので、必ず病院に行くようにしておきましょう。
自分がしんどくないからそれでいいという問題ではなく、予防接種を打っていない人に感染させてしまうと、その人は重症化してしまう事もあります。
自分だけのことを考えるのではなく、周囲の人たちの健康も気遣うようにして、みんながインフルエンザを流行させないようにしていかなくてはならないのです。