お年寄りが気を付けたいインフルエンザ感染経路

冬になると、体調管理には十分気を付けなくてはなりません。
寒い中で無理をすると、風邪をひきやすくなりますし、インフルエンザにもかかりやすくなります。
体力が落ちているときほど感染しやすくなりますので、疲れが溜まらないように、体調管理はしっかりとしなくてはならないのです。
特にインフルエンザは感染力も強く、危険ですので注意しましょう。
インフルエンザの感染経路としては、飛沫感染があります。
感染者がくしゃみや咳をした時にウィルスが飛散するようになりますので、それを鼻や口から吸いこむことによって、感染するようになります。
人ごみに行くと、感染者と接触する機会が増えるようになりますので、流行時期には必要以上に出かけないようにするといいでしょう。
どうしても出かけなくてはならない時には、マスクをするようにし、ウィルスを吸いこまないようになくてはなりません。
感染経路は飛沫感染以外にも接触感染があります。
感染者の咳や鼻水の付いた場所に触れることによって、健康な人の手にウィルスが付着するようになります。
そしてその手で鼻や口に触ることによって感染をしてしまうという感染経路もあります。
インフルエンザはとても危険な病気でもありますので、体力のないお年寄りは特に注意しなくてはなりません。
お年寄りがかかってしまうと、命の危険にさらされてしまうような事もあるほどです。
お年寄りがいる家庭では、みんなが感染しないよう気を付けるようにし、体調管理につとめるようにしましょう。
万が一家族が感染してしまった場合でも、正しい方法で防ぐことによって、他の家族に感染する事はありませんので、感染者本人もうつすことがないように気を付けるようにしましょう。